ホームへ

4ヶ月より短縮できる?

広告

4ヶ月でも長すぎる、もう少し短縮したい!

そんな人もいるでしょう。早ければ早いほうがいいですからね。でも、4ヶ月より短縮はしないでください。もったいないから。

解説にも書きましたが、1ヶ月程度で復習をしていくのが記憶定着には効率が良いです。それを考えると1ヶ月ごとに模擬テスト、学力テストを行うように設定されたこのスケジュールは非常に効率が良いです。

無理に早く終らせて結果、成績がいまひとつ、では本末転倒。

どうしても4ヶ月より前に結果がほしいなら、その時点でTOEICを受験してみましょう。スケジュールどおりに勉強を進めているのならその間に何回TOEICを受験したって構いません。
むしろたくさん経験して、本番の空気・スピードに慣れた方がスコアはあがりやすいです。

時間が余るなら、付属のプレゼントテキストを日々進めていくのが良いでしょう。また4ヶ月のスケジュール公判ならTOEICテスト公式問題集がおすすめです。

公式問題集をやる場合、本番同様に時間を計って行いましょう。そして間違えた箇所、わからなかった箇所は調べて、解けるようになるまで何度もチャレンジです。

模擬テストの回数を増やせば、必ず成果に結びついていきます。期間の短縮より同じ期間内でより高得点を目指して勉強したほうが効率がよいですね。

だって予定より早く目標スコアに届くかも知れませんから。

よくある質問

上に